Blog

ブログ

ビジネスモデルを考えるフレームワーク「価値づくりシート」

カケハシ・スタイル代表で中小企業診断士の田中大介です。

『小さな会社・お店のためのやさしいマーケティング学』と題して、マーケティングやブランディングについてできる限り分かりやすく紐解いていければと思います。

前回に引き続き、ビジネスモデルについて掘り下げていきます。

前回、ビジネスモデルとは「価値を創造し、価値を提供する仕組み」であると定義しました。
第4回の記事で、価値を「モノ」と「コト」で考えることが大切であるとお伝えしました。
下記のように整理できます。



これを1枚のシートにしたのが「価値づくりシート」です。




選ばれている事業をこのシートで整理すると、リソースから顧客までがスムーズにつながります。
スターバックスのビジネスモデルを「価値づくりシート」で整理してみましょう。




モノとは、商品・サービスのウリ、提供方法のウリです。リソースがあるから、そのモノを生み出せている。
そして、そのモノによって、顧客にハッピーなコトを提供している。
リソース→モノ→コト→顧客とスムーズにつながっているのが分かると思います。

弊社のビジネスモデルを価値づくりシートで整理してみました。
ちなみに、ホームページやパンフレットなどで伝える時は、右から伝えることが大切です。
例えば、下記のようになります。
・こだわりや魅力が伝わるようになり、集客増、ファンづくりにつながります。
なぜなら
・中小企業診断士がヒアリングし、価値づくりシートで「らしさ」を言語化するからです。
なぜそれができるかと言うと、
・中小企業診断士としての実績、ネットショップで培ったマーケティングの実践知があるからです。
となります。
コトがキャッチコピー、モノがサービスの特徴、リソースが選ばれる理由です。
価値づくりシートで整理できれば、分かりやすく伝えることができるようになります。
伝わるかたちができるわけです。




弊社が運営しているCDショップのビジネスモデルも価値づくりシートで整理してみました。
ロックの中でもニッチなジャンルである「プログレッシヴ・ロック」の専門店です。
①中古CDの豊富な品揃え、②豊富な探究情報、③フレンドリーサービスがウリです。




「価値づくりシート」のPDFは下記のURLからダウンロードできます。
みなさまがビジネスモデルを考える際にお役に立てれば幸いです。

「価値づくりシート(A4)」をダウンロードする

Vol.1からVol.8までの記事はこちら。

新着記事

「普段」から一歩距離を置くことの大切さ
「普段」から一歩距離を置くことの大切さ

2024年4月10日

ペルソナを考える目的とは?
ペルソナを考える目的とは?

2024年4月3日

寄居町の事業者のチラシ制作実績【令和6年3月】
寄居町の事業者のチラシ制作実績【令和6年3月】

2024年4月1日

ノートに書くと整理される?アイデアが浮かぶ?
ノートに書くと整理される?アイデアが浮かぶ?

2024年3月29日

ビジネスモデルを考えるフレームワーク「価値づくりシート」
ビジネスモデルを考えるフレームワーク「価値づくりシート」

2024年3月27日

そもそも中古品をなぜ購入する?中古品販売の提供価値とは?
そもそも中古品をなぜ購入する?中古品販売の提供価値とは?

2024年3月22日

カテゴリー

Contact

お問い合わせ

「もっと会社の魅力を伝えたい」、
そんな時は当社にまずはご相談ください。

ビジネスモデルを深く理解した上で、お客さまならではの提供価値を整理し、最適な「伝わるかたち」をご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ

048-580-7420

9:00~17:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ