理念

「伝わる」かたちをつくる。

「カケハシ」には、人と人とをつなげ、「共感」が生まれるお手伝いがしたい、という想いが込められています。
それは、相手を慮(おもんばか)ることであり、誠実な姿勢で相手の価値観と向き合うことです。

代表は中小企業診断士として、クライアントであるお店や会社の「想い」とそのお客さまの「想い」とをつなげることを大切に考えてきました。

ネットCDショップも同様で、アーティストやそのCDを制作しているレーベルの「想い」を汲み、良い音楽を聴きたいというリスナーへとつなげていくことが仕事です。

Webやチラシの制作においても、「伝わる」かたちをつくる、という点はすべて同じです。

こうであるべき、という自分達の価値観はいったん置いておいて、相手を慮ることが共通しています。人と人とをつなぎ、「想い」を届けることを、社内では「カケハす」と言っています。

そうした「カケハす」活動の先に、

  • 「お客さまに我々の姿勢が今まで以上に伝わり、売上が伸びた。」
  • 「あのお店のおかげで、日々の暮らしが豊かになった。」
  • 「ロックの世界は深いなぁ。探求が楽しくなった。」

などのワクワクした瞬間があるのだと考えています。

会社概要

社名株式会社カケハシ・スタイル
代表者田中 大介
所在地〒369-1224
埼玉県大里郡寄居町鉢形1336-2
電話番号048-580-7420
e-mailinfo@kakehashi-style.com
資本金300万円
創業2000年04月
設立2008年08月

カケハシ・スタイルの事務所

築40年の古民家をリノベーションして事務所にしました。

スタッフのみんな、そして自分自身が楽しく仕事ができる環境、アイデアが湧いてくるような環境でありたい。それと、どうせなら、埼玉県北の田舎町だからこそできることがやりたい。緑に囲まれた環境で、カフェのようなスペースがあってくつろげたり、ちゃぶ台でアイデア出しを行ったりするイメージ。

古民家を会社で購入し、事務所にリノベーションする、というアイデアを思いついた時、「これだ!」と思いました。田舎の寄居町だからこそできること!

都内の会社とは違う、埼玉県北の田舎の会社だからこそできる、「伝わる」かたちづくりを追い求めてまいります。