ブログ

BLOG
2016.05.02| マーケティング

ファクトリーブランド人気から考える、これからの商いのスタイル

ikiji_20160502

中小企業診断士の田中大介です。

本日の日経MJより気になった記事をピックアップします。

ピックアップするのは「工場発ブランド躍進」という記事です。

大手アパレル各社の販売が振るわないのとは対照的に、下請け工場が独自に立ち上げた「ファクトリーブランド」が好調だ。

日経MJ 2016年5月2日(月)

衣料品の低価格化によってアパレル会社が生産拠点を海外に移した結果、陥ってしまった国産比率わずか3%という産業の「空洞化」。

そんな厳しい外部環境の変化の中で生き残りを掛け、日本のものづくりの誇りとともに下請け縫製工場が立ち上げたのが「ファクトリーブランド」です。

「この品質で、この価格はお得」というコストパフォーマンス面に目が行きがちですが、選ばれているのはただ単にコスト面だけではないでしょう。

記事の中でも「消費の成熟度の高まりの反映」「内容の濃いものが求められる」と書かれていますが、まったく同感です。

「内容の濃いもの」というのは、「ストーリーのあるもの」という風に解釈できるでしょう。

伊勢丹メンズ館などのこだわりのあるセレクトショップへと出かけ、アパレル不況の中で狼煙を上げる気鋭の下請け工場の意気に共感し、そんな「場」や「共感」への対価としてきちんとお金を使う。

そんな、「モノ」が生まれてから購入する体験までを含めてストーリーとしてとらえて、そこにお金を払う消費スタイル。

ネットでの購入は便利ですし、ユニクロや無印などはハイコストパフォーマンスですが、便利さや低価格に慣れ、別の価値観を求める消費者がきっと増えているのでしょう。

百貨店で上質なモノと出会うという「体験」、作り手のストーリーへの「共感」、そういったグッとする「コト」とともに、愛着を持って「モノ」を使っていく。

そんな豊かな消費&生活スタイルを提案していくことが、これからの商いにはこれまで以上に求められていくはずです。

新着記事
ほっこりとした瞬間:食堂で見た企業の素顔

ほっこりとした瞬間:食堂で見た企業の素顔

2023年9月29日

前橋るなぱあく:大型遊具は1回50円、木馬と小型遊具は1回10円!日本一なつかしい遊園地

前橋るなぱあく:大型遊具は1回50円、木馬と小型遊具は1回10円!日本一なつかしい遊園地

2023年9月22日

「プリキュア」20周年記念映画に行きたい!!!

「プリキュア」20周年記念映画に行きたい!!!

2023年9月15日

ドッグサロンBullsHome:わんちゃんの笑顔とともに1周年

ドッグサロンBullsHome:わんちゃんの笑顔とともに1周年

2023年9月8日

42万以上の投稿を誇るコウモリランのユニークな魅力

42万以上の投稿を誇るコウモリランのユニークな魅力

2023年9月1日

榛名湖で楽しむ賑やかな家族のアクティビティ!

榛名湖で楽しむ賑やかな家族のアクティビティ!

2023年8月25日

カテゴリー

制作実績

WORKS

「もっと会社の魅力を伝えたい」、
そんな時は当社にまずはご相談ください。

ビジネスモデルを深く理解した上で、お客さまならではの提供価値を整理し、最適な「伝わるかたち」をご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ

048-580-7420

9:00~17:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ