中小企業診断士が率いるブランディングデザイン&コンサルティング会社|ブランディング視点でホームページ、販促ツールを制作

販促では「憧れ」を生むことに徹してみる

make_akogare

中小企業診断士の田中大介です。

5月30日(月)の日経新聞の全面広告に良いなと思いました。

リノベーション会社の広告なのですが、シンプルなコピーとともに「Before」「After」の図面をずらりと並べただけの広告。

「リノベーションで失敗しない3つのポイント」みたいな広告がよくあるかな、と思いますが、そうではなく、ただただ「そんな家に住みたい」「毎日が楽しくなりそう」という『憧れ』を生むことに徹しているところがなるほどなぁ、と思います。

広告では「憧れ」で心をときめいてもらい、Webに誘導して「こだわり」を訴求する。

まず心のスイッチを入れることがポイントですね。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter