中小企業診断士が率いるブランディングデザイン&コンサルティング会社|ブランディング視点でホームページ、販促ツールを制作

人に伝える、伝わるために大切なこと。

kuriyama_20161202

中小企業診断士の田中大介です。

社員のマネジメント、社長へのコンサルティング、そしてセミナー。

「人に伝え、伝わり、動いてもらう」ことの難しさ。最近、いつも感じています。

今日の日経MJ一面の日本ハム栗山監督のインタビューにとても感銘を受けました。

「色々なことに気づいてもらうためにこちらが憎まれようが、とにかく選手が自分らしくできるためにとことんやろうと。」

「相手がどう考えているのかと思い始めたら、何もできなくなる。絶対に片思いし続けようと。」

「自分をどう殺すか。自分がどう思われているのか、どう得するのかを考えているうちは誰も説得できない。」

2016年12月2日 日経MJ 栗山英樹

私は「みんなからよく思われたい」という気持ちがいつもありますが、それは傲慢なことだよなぁ、と思います。コミュニケーションのあるべき姿は、それぞれが自分の考えを100%主張しあい、そして相手の考えを尊重しあいながら、最適解を導いていくことですよね。

自分をどう殺すか。

保身の気持ちがあるうちは、何も伝わりません。

まずは「自分は心から何を伝えたいのか」をもっともっと研ぎ澄ませねば。そして、そこに信念を持ち、誰にどう思われようが、その想いをぶつけていく。

「今日一日を命懸けで生きる。」

2016年12月2日 日経MJ 栗山英樹

信念を伝えることに命懸けになりたい。その領域に行かないといけないと思っています。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter