小さなお店・会社の「売れる仕組みづくり」「ブランドづくり」「Web制作・改善」に強い中小企業診断士

お店・会社とお客さまとをワクワクでカケハす。

中小企業診断士 田中 大介

株式会社カケハシ・スタイル

「日清クッキングフラワー」にみる経営革新の種

nisshin_flower_20160724

中小企業診断士の田中大介です。

経営革新計画に取り組んでみたいけど、イメージがわかない・・・。
そんな皆さまの参考になる事例をピックアップいたします。

日経MJのコラム「日経MJヒット塾」に取り上げられていた「日清フラワー」の革新事例です。

「日清フラワー」は、天ぷらなどで使われる薄力粉の商品。薄力粉は小麦粉の一種ですが、小麦粉の消費量は1985年からの30年間で約3分の2にまで縮小するなど、厳しい市場環境にありました。

そこで革新に挑んだのが「日清フラワー」。

革新にあたりまずニーズを調査した結果、下記のような使用実態が分かりました。

6割(1回あたりの量が「多」):天ぷら、ケーキ、お好み焼き
4割(1回あたりの量が「少」):揚げ物系の打ち粉、唐揚げ、ムニエル

薄力粉の商品と言えば、「袋に入っているもの」というのが常識。

革新の種はそんな常識の中にありました。

常識を疑い、見過ごされていた4割のニーズにフォーカスし、新たなパッケージにして新商品として発売されたのが「日清クッキングフラワー」です。

小容量のボトル入りにして、ボトルから振り出して使えるようになったことで、唐揚げやムニエルを作る際の利便性が高まったわけです。

ただ単にパッケージを変えただけ、と言えばそれまでなのですが、今まで見過ごしていたニーズをとらえ、そのニーズに応えてみることが大切なんですね。

ニーズを細分化し、ひとつひとつのニーズにあわせて何か改良できないか?

ニーズの細分化と最適化は、革新の切り口として有効ですね!

経営革新計画の策定については、下記の記事も是非、ご覧ください。

事業計画なんて面倒?そんなあなたに「経営革新計画」のススメ

今日は、埼玉県が年間承認目標1000件を掲げ推進している経営革新計画について書きます。計画を立てる面倒さ、よく分かります。白状すると、私も経営者として、計画を立てる大切さを感じながらも、事業計画を作ってきませんでした。

「経営革新計画」の「新たな取り組み」を図化すると?

経済産業省の告示にある「新たな取組み」、何だかお役所的な文章で直感的ではないですね。下記のように図化してみました。少しは直感的になったでしょうか。

経営計画を立てる3つのメリットとは?

経営計画を立てるメリットについて考えてみましょう。そもそもなぜ経営計画が必要なのか、「日々の業務」の視点から逆算しながら考えてみます。日々の業務で大切なことは何でしょうか?


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
Pocket


関連記事

新着ブログ記事

記事カテゴリー

人気記事

プロフィール

「中小企業診断士」兼「ネットCDショップ店長」の田中大介です。

「中小企業診断士」としての経営全般の知識、「ネットCDショップ店長」としての実践で培ったノウハウにより、小さなお店・会社の活性化を支援いたします。