中小企業診断士が率いるブランディングデザイン&コンサルティング会社|ブランディング視点でホームページ、販促ツールを制作

【創業ノウハウ】店名を考えるポイント。ショルダーネームが重要です。

中小企業診断士田中大介の「伝わる」かたちをつくる秘訣

こんにちは、カケハシ・スタイル代表で中小企業診断士の田中です。

創業のサポートや新事業展開のサポートをする際、経営者がよく悩まれるのが新たなお店の名前です。

今回は、店名を考える上で、私が大切だと思っていることをお伝えいたします。

下記の2つを比べてみます。
それぞれ、どのようなお店をイメージするでしょうか?


居酒屋
鳥次郎


炭焼地鶏と旬野菜
鳥次郎

「居酒屋 鳥二郎」は、赤ちょうちんのイメージが浮かびます。
大衆酒場ですね。

「炭焼地鶏と旬野菜 鳥二郎」の方はどうでしょうか?
私は、下記のイメージが浮かびました。

「居酒屋」や「炭焼地鶏と旬野菜」の部分は、ショルダーネームと言います。

店名を考える時、ショルダーネームもあわせて考えることがポイントです。
上記の例から、ショルダーネームが変わるだけで、受け取るイメージが大きく変わることが分かると思います。

大事なのは、店名とショルダーネームから浮かぶイメージと、やりたいお店のイメージとがマッチするかです。
実際のお店のイメージとマッチすれば、顧客に選んでもらいやすいし、選んでもらった時の満足度もきっと高いでしょう。

せっかくこだわっているのに「居酒屋 鳥二郎」では、お客さまのイメージとの間にギャップが生まれてしまいます。

名前を決める際は、知り合いに候補の店名を見せ、「どんなお店のイメージが浮かぶ?」と聞いてみてください。
やりたいお店のイメージと合致していたら、それは良い名前だと言えると思います。

カケハシ・スタイルでは、お店の「ウリ」や「らしさ」をヒアリングによって正確に把握した上で、その「ウリ」「らしさ」が伝わる最適な方法をご提案いたします。
ロゴやチラシやホームページでも、見た人に、実際のお店のイメージをできる限り浮かべてもらうことが大切です。
販促ツールの制作でお困りごとがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

創業のビジネスモデルの考案、事業計画書の作成からのサポートも可能です。

ハローワークで求人しているが、応募が来ない。採用広告にお金をかけているのに成果が出ない。とお悩みの方はこちらをご覧ください▼

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter