中小企業診断士が率いるブランディングデザイン&コンサルティング会社|ブランディング視点でホームページ、販促ツールを制作

H29年度補正予算「持続化補助金」の公募開始!前回からの変更点まとめ。

jizokuka_29

中小企業診断士の田中大介です。

ようやく小規模事業者持続化補助金(平成29年度補正予算)の公募が開始されましたね!

前回(平成28年度 追加公募分)から変わった点をまとめてみました。参考になれば幸いです。

大きな変更点

上限額の引き上げ

補助上限額の100万円への引き上げが復活。対象の取り組みも拡大。
(1)従業員の賃上げ
(2)買物弱者対策
(3)海外展開

加点

・事業承継計画加点は継続。「事業承継計画書」の提出が必要になった。

・町村加点がなくなり、過疎地域の加点に変更。
過疎地域市町村等一覧(平成29年4月1日現在「過疎地域自立促進特別措置法」より)
ちなみに埼玉県では、 旧大滝村、 小鹿野町、東秩父村、旧神泉村のみ。

・2つの政策加点が新設!

(1)生産性向上加点
生産性向上のための設備投資を今後行う事業者に対し加点。
設備投資は、補助事業と関係なくてもOK、補助事業期間後でもOKなのがポイント。

(2)経営力向上計画加点
平成30年2月28日までに認定を受けている事業者に対し加点。
それ以降の取得や申請は対象外(残念!)。

小さな変更点

・補助対象事業者に「企業組合・協業組合」が加わった。

・対象経費に「設備処分費」が加わった。

以上、前回(平成28年度 追加公募分)からの変更点まとめでした。参考になれば幸いです。

申請書づくりのポイントについては、こちらの記事にまとめました。
あわせてチェックください。
小規模事業者持続化補助金の採択のポイント「まずストーリーを考える!」

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter