中小企業診断士が率いるブランディングデザイン&コンサルティング会社|ブランディング視点でホームページ、販促ツールを制作

お客さまは手間にお金を払う

7star_20161231

中小企業診断士の田中大介です。

大晦日ということで、書斎の片付けをしつつ、読めていなかった『日経ビジネス』を斜め読んでいます。

「ななつ星」で話題を集めたJR九州の唐池会長のインタビュー記事にハッとさせられました。

お客さまは手間にお金を払います。

(中略)

「手間をかけることの大切さ」に社員一人ひとりが気づくことが、お客さまから愛されるブランド構築の基になります。

日経ビジネス 特別版 『ななつ星in九州」に見る 社員が燃える、ブランディングの極意』

これ、ブランドづくりのみならず、仕事の本質と言えますよね。

100を要求されているところ、手間をかけて110で返す。もっとがんばって120で返す。
その積み重ねが信頼となり、「選ばれる理由」となるはずです。

例えば、俳優の卵だったとして、戦時中のドラマでセリフのない特攻兵の役をもらったとします。
俳優として「あるべき姿」は、たとえ一言もセリフがないちょい役だったとしても、太平洋戦争や特攻作戦や特攻兵についての本を読むなどして、その役の人生を自分なりに描くことなんではないかな、と思います。

昔、NHKの朝ドラを見ながらそんなことをふと思い、自分もそうでなければな、と思っていますが、1年を振り返ると、甘かったなぁ、と思うこと多々です。

来年はもっともっと、一つひとつに丁寧に「手間」をかけた仕事をやっていかねばと、あらためて身が引き締まりました。大晦日にいい話が聞けました。


大晦日ということで、2016年の活動実績ページを作りました。
http://kakehashi-style.com/?page_id=699

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter