制作実績

フット&ボディケア niko 様

クライアント

フット&ボディケア niko

URL

https://fbniko.com/

業種

フットケアサロン、ボディケアサロン

所在地

埼玉県川越市

制作項目

Web制作|ロゴ制作|チラシ制作|看板制作

リリース

2021年12月

「フットケア」サービスの提供価値をいかに伝えるか。

新規事業で、新しくオープンするお店であり、事業の構想やお店のコンセプトづくりから代表の宮倉さんと議論を重ねました。

①「足に悩む人を笑顔にしたい」という想い、②フットケアと動作分析の知識に基づく根本からの改善、この2つがお店のウリです。

「フットケア」はまだまだ一般的ではないため、「フットケア」サービスの提供価値を伝えた上でお店のウリを伝える、という順番を意識しながら、構成を考えていきました。

「フット&ボディケア niko」について

「フット&ボディケア niko」さまは、令和3年12月に川越市の新河岸エリアでオープンしたフットケアとボディケアの専門店です。代表の宮倉さんは、国家資格である「あん摩・マッサージ・指圧師」「はり師」「灸師」の資格を持っており、これまで「訪問マッサージ」にて長く活躍されていました。

「もっと動けるようになりたい」という患者さんのニーズに応えたいという想いで、オランダの理学療法など運動療法の知識を習得し、さらに「根本原因を直したい」という想いで靴やインソールについての知識も習得されました。

これまでの経験と習得したフットケアの知識を活かし、宮倉さんのこれまでの集大成として新たにはじめられたのが「フット&ボディケア niko」です。

コンセプトや提供価値からの制作

宮倉さんにとっては新規事業であり、新しくオープンするお店です。サイト制作にあたって、これまでの経歴や実績、新しいお店のコンセプト、どのようなお客様にどのように貢献したいかという想いなど、中小企業診断士である当社代表がヒアリングを重ねながら、情報の整理をしていきました。

コンセプトは「地域の人の足と靴の相談所」で、お店の提供価値は下記に定まりました。

『鍼灸・マッサージ師の国家資格を持つシューフィッターが、
「ドイツ式フットケアのノウハウ × 動作分析の知識」を活かし、
足と靴のトラブルを根本から改善する。』

代表の知識・技術・ノウハウと「足に悩む人を笑顔にしたい」という想いがお店のウリです。

フットケアの価値をいかに伝えるか

次はサイトの構成です。サイトの目的は、お店のウリを分かりやすく伝えることです。トップページでは、「コンセプト」の項目で想いを伝えた後に、それができる理由として、フットケアの知識や国家資格などを「nikoの特徴」としてまとめています。

サービス内容については、フットケアはまだまだその価値が一般的に知られていないため、悩みを具体的にあげた上で、それを解消できるメニューとして提示することで、より自分ごととしてサービスを捉えてもらえるように工夫しました。

提供価値を具体的にするために議論を重ねる

サイトを制作する中で、宮倉さんとは電話やLINEで何度も議論をしましたが、常にスムーズだったわけではありません。新規オープンのお店であったため、お店のコンセプトから考える必要がありましたし、ターゲットや提供価値について、宮倉さんの中で悩むところもありました。

当社代表は中小企業診断士として、ターゲットを絞り込み、提供価値をできるだけ具体的にする方向での提案をしましたが、やはりターゲットを絞りこむことには不安もあります。時にお互いが熱くなってしまうような瞬間もありましたが、ただのサイト制作ではなく、「宮倉さんだから生み出せる価値が、分かりやすく伝わる仕組みをつくる」ことをゴールとして考えながら、議論を重ねていきました。

提供価値を伝える手段としてロゴや販促物の制作

サイト制作にあたっては、ロゴデザインも承りました。ロゴは、ただのイメージではなく、想いやウリなどお店の提供価値を伝えるための「手段」の一つです。一つ一つ「意味」を考えながら、デザインしていきました。

シンボルマークは、「歩くことの喜びや健康であることの幸せを感じてもらいたい」「笑顔で毎日を送ってもらいたい」、そんな宮倉さんの想いに共感しながら、「四つ葉のクローバー」「笑顔 ( 横顔 )」「足跡」「道」などをモチーフにデザインしました。4つのカラーは、「赤」太陽、明るく元気、「青」自由、真心、「緑」健康、癒し、「黄」知識、喜びを表しています。文字は「歩く足」を表現し、前進している様子を表しています。

あわせて、店頭の看板、立て看板のデザイン、オープン時のイベントのチラシの制作も行いました。パッと見て、価値を認識してもらえる必要のある看板は、Webやチラシとは目的が異なります。大きく引き算して要素を考える必要がある中で、あらためてお店の価値を考えながら、要素の抽出と構成を行いました。

オープンチラシ
看板

宮倉さんの新しい門出に立ち会えたことは幸せなことでしたし、「宮倉さんの理念や想いが足や靴のトラブルに悩む人に伝わり、多くの人が笑顔になり、地域が笑顔になる」、その笑顔の循環に少しでも貢献できたのなら幸いです。

PCサイト【1】
PCサイト【2】
モバイルサイト