「バイヤー」×「コンシェルジュ」が生む商品への「愛着」

aichaku_20160526

「作り手のこだわりや思いを伝えることを大切にしている」。そうすれば商品への愛着がわくと信じているからだ。

日経MJ 2016年5月27日 「ホスピタリティー」より

中小企業診断士の田中大介です。

今の小売では「体験」は一つのキーワードです。お店を回遊し、店員と会話し、商品を発見し、納得して購入する。

大手ネット通販が便利になればなるほど、逆に「体験」を求める消費者は増えているはずです。

今の小売店は、

・消費者の心を躍らせる商品をセレクトする「バイヤー」としての機能
・商品の魅力を引き出し、的確に伝える「コンシェルジュ」としての機能

この2つを持つことが大切です。「バイヤー」×「コンシェルジュ」が消費者の豊かな「買物体験」を生み、それがストーリーとしてモノに乗っかることで、「愛着」となるのだと思います。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

「もっと会社の魅力を伝えたい」、
そんな時は当社にまずはご相談ください。

ビジネスモデルを深く理解した上で、お客さまならではの提供価値を整理し、最適な「伝わるかたち」をご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ

048-580-7420

9:00~17:00(土日祝日除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ