小さなお店・会社の「売れる仕組みづくり」「ブランドづくり」「Web制作・改善」に強い中小企業診断士

お店・会社とお客さまとをワクワクでカケハす。

中小企業診断士 田中 大介

株式会社カケハシ・スタイル

「幸せな時間」販促。シーン全体を「商品」と捉えてみる。

タグ:

citizen_20160419

中小企業診断士の田中大介です。

日経新聞より気になった記事を紹介します。

驚いたのは「オラ・フェリーチェ(幸せな時間)」と銘打った販促です。低価格でシンプルな商品でもきれいな台に展示し、きれいなギフトボックスに入れてお渡しするのです。「ギフトボックスも含めて時計だ」とも言われました。こうした手法はどんな価格帯の商品でも同じでした。付加価値を高めて、買う人や使う人に幸せな気持ちになってもらうのです。

『私の課長時代』シチズンホールディングス社長 戸倉敏夫 日経新聞 2016年4月19日(火)

ポイントは

  • 「ギフトボックスも含めて時計だ」
  • 「幸せな気持ちになってもらう」

です。

商品だけではなく、その商品にまつわる体験を含めて販促を考えていく。

商品のコーナーに行き、目にして、気になって、手にとって、買いたい気持ちになって、購入して、持ち帰って、開封して、使う。

そうした一つ一つのシーンをイメージし、「ワクワク」する体験を折り込んでいく、その結果、買う人・使う人に幸せな気持ちになってもらう、ということが大切だと思います。

例えば、POPにワクワク、店員との会話にワクワク、新たな好奇心にワクワク、持ち帰る道中に使う生活を想像してワクワク、開封の際に封入につまった「思いやり」にワクワク、使って豊かになった生活にワクワク、などなど。

そうしたシーン全体を「商品」として考えてみる、ということは有効でしょう。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
Pocket


関連記事

新着ブログ記事

記事カテゴリー

人気記事

プロフィール

「中小企業診断士」兼「ネットCDショップ店長」の田中大介です。

「中小企業診断士」としての経営全般の知識、「ネットCDショップ店長」としての実践で培ったノウハウにより、小さなお店・会社の活性化を支援いたします。