小さなお店・会社の「売れる仕組みづくり」「ブランドづくり」「Web制作・改善」に強い中小企業診断士

お店・会社とお客さまとをワクワクでカケハす。

中小企業診断士 田中 大介

株式会社カケハシ・スタイル

マーケティングとは「お客さまに選ばれ続ける仕組みづくり」

marketing_20160607

マーケティングをシンプルに考えてみる

「マーケティング」って、人それぞれ捉え方がきっと違うのではないか、と思います。

私もマーケティングを専門としながらも、ずばりこういうことです、と言えるだろうか。言えるかなぁ、いや、言えなければ!

ということで、そもそもマーケティングとは?ということを考え、自分なりに定義づけてみます。

マーケティングというと、市場調査や販売促進策をイメージする方が多いでしょうか。

ドラッガーは、マーケティングについてこんな風に言っています。

「マーケティングの狙いは顧客を知りつくし、理解しつくして、製品やサービスが顧客にぴったりと合うものになり、ひとりでに売れるようにすることである。」

「ひとりでに売れる」というところがミソですね。

「販売促進をしなくても、ひとりでに売れる状態」が、マーケティングが目指す「あるべき姿」と言えそうです。

コトラーによるマーケティング教科書の決定版『マーケティング・マネジメント』では、こんな風に定義づけられています。

「マーケティングとは、ターゲット市場を選択し、優れた顧客価値を創造し、提供し、伝達することによって、顧客を獲得し、維持し、育てていく技術および科学」

なるほど、「どうすれば売れるか?」という売り手主体の考え方ではなく、顧客が感じる価値を軸に、製品開発、販売、顧客維持を統合した、顧客主体の概念と言えますね。

ドラッガーとコトラーの定義を踏まえ、「要するにどういうこと?」とシンプル化してみます。

マーケティングとは「お客さまに選ばれ続ける仕組みづくり」である。

売り込まなくてもお客さまに選ばれ、お客さまとの関係性が続き、持続的に選ばれていく。そうした「あるべき姿」を実現するための仕組みづくり、と考えます。

マーケティング施策を考えてみる

マーケティングの概念が整理できたところで、仕組みのところ、マーケティング施策について考えてみましょう。

選ばれ続ける状態とは、お客さまの中で「シンボル化されている」と捉えることができます。

「シンボル化されている」とは、どういう状態でしょうか?

・商品・サービスに強みがあり、差別化されている
   ↓
・その強みがお客さまにきちんと伝わっている
   ↓
・お客さま満足によりファンとなり、お客さまが増え続けている

そんな「あるべき姿」を実現するための「打ち手」がマーケティング施策ですね。

「打ち手」を考える上で大切なのはコンセプトです。すべての「打ち手」にコンセプトをブレずに一貫させることが重要です。

コンセプトは、「誰に」「何を」「どのように」というフレームで考えることができます。

「誰に」 ・・・ ターゲットとニーズを考える
「何を」 ・・・ ニーズを満たす商品・サービスを考える
「どのように」 ・・・ お客さまが価値を感じるストーリーを考える

「どのように」は、お客さまの行動の演出です。どのようなシチュエーションで、どのような感情を持ってもらうか、をイメージし、お客さまが商品・サービスと出会う場を演出していきます。

「シチュエーション」 ・・・ どんな利用シーンが想定できる?
「エモーション」 ・・・ どうお客さまは感じる?

「コンセプト」を一貫させ、「商品・サービス」と「場」を洗練させることで、顧客価値を最大化できます。その先には「お客さまに選ばれ続ける」という「あるべき姿」があるはずです。

ということで、「マーケティングって一体全体なに?」という『概念』から、「んで、どうすれば良いの?」という『施策』へと視点を移しながらマーケティングをざっくり見てみました。『概念』と『施策』が一体となっているところがマーケティングの捉えづらさであり、奥深さと言えそうですね。

最後にもう一度、私の考えるマーケティングの定義です。

マーケティングとは「お客さまに選ばれ続ける仕組みづくり」である。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
Pocket


関連記事

新着ブログ記事

記事カテゴリー

人気記事

プロフィール

「中小企業診断士」兼「ネットCDショップ店長」の田中大介です。

「中小企業診断士」としての経営全般の知識、「ネットCDショップ店長」としての実践で培ったノウハウにより、小さなお店・会社の活性化を支援いたします。