小さなお店・会社の「売れる仕組みづくり」「ブランドづくり」「Web制作・改善」に強い中小企業診断士

お店・会社とお客さまとをワクワクでカケハす。

中小企業診断士 田中 大介

株式会社カケハシ・スタイル

「ほしい」声を生み出すマーケティング術。Webマーケティングの好事例!

タグ:

brown_sugar_1st_20160521

中小企業診断士の田中大介です。

5月20日(金)の日経MJより気になった記事をピックアップします。

『 食用油界の新「ACE」 』という記事です。

アマニ油、ココナツオイル、えごま油の頭文字を取って「ACE」。

機能性食品ブームの中で、今や売上額でオリーブオイルに迫る勢いだそうです。

注目したいのが、ココナツオイルでブームを切り開いた会社のマーケティング術。

「母親目線の商品作り」をコンセプトにオーガニックな食材を提供しているブラウンシュガーファーストという会社なのですが、マーケティングの好事例だな、と思いました。

小売りの棚を確保する営業努力より、消費者が『ほしい』と声を上げてくれるような戦略をとった。

ブラウンシュガーファースト 荻野みどり社長

では、どのように消費者の『ほしい』を生み出したのか?図にしてみましょう。

ace_sna_model_20160521

「Web」では、ココナツオイルを「モノ」としてアピールするのではなく、それを使った料理のおいしさや楽しさという「コト」をレシピを通して提供する。

「リアル」では、憧れのモデルが使用しているシーンを通して、健康や美容というライフスタイルごとココナツオイルを提案する。

そして、最終的にはSNSで拡散されることで、「ほしい」という声が生まれていく。

Webとリアルの双方で「モノ」の先にある「コト」を提案し、その「コト」がSNSで拡散していく中で、共感を得て「モノ」の販売につながっていくわけですね。素晴らしい仕組みです。

Webサイトを見ると写真共有サービスのInstagramも活用していて、「コト」の世界観を伝えるのがすごくうまいなぁ、と思いました。その世界観に共感というか憧れを抱いてもらって、その後に「モノ」を薦める。思わず買っちゃうだろうな、と思います。しかも、スーパーで「ココナツオイル」を買うのとは違うワクワク感=経験ができますよね。ファンになっちゃう人も多いだろうなぁ。

サイトが素晴らしいです。チェック是非!

http://bs1stonline.com/


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
Pocket


関連記事

新着ブログ記事

記事カテゴリー

人気記事

プロフィール

「中小企業診断士」兼「ネットCDショップ店長」の田中大介です。

「中小企業診断士」としての経営全般の知識、「ネットCDショップ店長」としての実践で培ったノウハウにより、小さなお店・会社の活性化を支援いたします。