小さなお店・会社の「売れる仕組みづくり」「ブランドづくり」「Web制作・改善」に強い中小企業診断士

お店・会社とお客さまとをワクワクでカケハす。

中小企業診断士 田中 大介

株式会社カケハシ・スタイル

伊勢崎の文房具店「HI-NOTE」で文具探検。

hinote_20160423

中小企業診断士の田中大介です。

『商業界』という雑誌で知ってから行きたいな、と思っていたお店、群馬県伊勢崎市にある文房具店「HI-NOTE」に行ってきました。

お店の入り口でまず目についたのは、なんと「冒険の書」!

hinote_20160423_3

目に飛び込んでくる「さぁ、文具探検にでかけよう!!」の文字。

宝(商品)が見つからない時は、ピンクシャツの村人(スタッフ)にきいてみよう。

小学生の頃、テレビゲームのRPGではなく、ゲームブックという小説スタイルのRPG(敵と戦う 78ページへ、みたいな)にハマり、読み進みながら、冒険の書を自分で作ったなぁ、なんて思い出し、あの頃のワクワク感とともにお店への期待が高まります。

品揃えは豊富ですが、特別に変わったものがある、というわけではありません。でも、すごく見ていて楽しくなります。手書きのPOPがとても良い感じで、「そんな文具あるの知らなかったぁ」とか「ほぉ、そういう使い方あるんだぁ」とか「発見」が散りばめられていて、飽きない感じ。本屋に何時間でも入れるのと同じ感覚があります。

スタッフと話をしたわけではないですが、やり取りしてる感じがするし、おもてなされてる感じもあります。きっとスタッフはお客さまの立場になって、こんな情報があったら選びやすいだろうな、とか、色々と考えながらお店作りをしてるんだろうな、と思います。

販売だけでなくイベントもやっているようですが、おぉ、ほぼ毎週やってる!近くにこういうお店があれば、子供としょっちゅう行くと思います。

hinote_20160423_2

こうやって地元のお客さんと関係性を構築して、地域の中で無くてはならないお店になっていくんですね。文具を買うなら、このお店で買いたい、ってきっとなると思います。

働いている人も楽しいと思いますし、こういうお店で働きたいという人もたくさんいるでしょう。

今の時代に文房具店をやっていくことは常識的に考えると本当に大変なことだと思いますが、店内はたくさんの人で賑わっていました。

同じものはほとんどAmazonで買えると思いますが、僕はあの空間の中で文具を探検し、文具と遭遇し、そしてゲットしたいな、と思います。「探検のワクワク」は、今の時代の商売において一つのキーワードかもしれないですね。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
Pocket


関連記事

新着ブログ記事

記事カテゴリー

人気記事

プロフィール

「中小企業診断士」兼「ネットCDショップ店長」の田中大介です。

「中小企業診断士」としての経営全般の知識、「ネットCDショップ店長」としての実践で培ったノウハウにより、小さなお店・会社の活性化を支援いたします。